ブログ一覧

痛み=神の愛のギフト❢陰陽調和へシフトし、痛みとエゴから解放される方法とは?part3

こんにちは☆彡
陰陽バランス健康プラン・ドゥ・シー アドバイザーの
稲葉弥生です(^-^)

 

梅雨入りして肌寒い日となりましたが、
いかがお過ごしですか?
こんな日は、温かいお味噌が身体に染み渡ります❤︎

そんな中、首の痛みがどんどん回復に向かっています。
それは、氣付いていなかった領域を
認めることが出来たこともつながっているようです。
「認める」って凄いエネルギーですね。

 

認めることの大切さについては、
また次回以降に詳しく
お伝えさせていただきますね(*^^)v

 

 

本日も前回の続きとなります。

前回のブログはこちらからお願いします。
http://chuyo-beauty.com/473.html

前々回のブログはこちらです。
http://chuyo-beauty.com/424.html

その前のブログはこちらです
http://chuyo-beauty.com/388.html

今回は、
事故の相手の氣持ちを理解していき

どのように相手に対して
感謝を深めていくことができたのか?

 

こちらをお伝えしたいと思います。

 

もしも、あなたの中に
理不尽と思える出来事があるならば
ぜひ照らし合わせて
内観してみていただければと思います。

 

 

私は、潜在意識のストレス3人と
魂意識のストレス3人、
合わせて6名様分のストレスにより
首の痛みが再発しました( ̄▽ ̄;)

 

私は、本当の意味で
事故のことを丸ごと全て
認めて感謝することが出来ていなかったのです。

 

 

前々回のブログでお伝えした通り、
相手が携帯を解約した時、
信じて待てば良かった。

 

もし一生電話が来なくても
そうしたかったんだと
思えば良かった。

 

私の強いエゴが引き寄せたことであり、
魂の成長のための出来事。

 

そのことも腑に落ちていましたし、
私が勝手に感情を乱していた。
申し訳ないことをしたと思っていました。

 

 

ですが、相手に対しての感謝
「感じて謝る」ことは
簡単には出来ませんでした。

 

ではなぜ、出来なかったのか?
それは、相手のことを理解出来なかったからです。

 

その時、私は自分のことを振り返りました。

事故当時、
相手が次の日に携帯を解約した時、
私は怒りの感情で、血流が逆流するのを感じました。

 

当時の私は、
相手を理解することが出来ず、
錯乱状態になりました。

 

私はなぜ、
あんなにも感情を乱してしまったのだろう。
学びだったわけですから、
当たり前の感情が出てきたとはいえ。。。

 

今となっては、なぜあんなにも
感情を乱したか分からない。
だとすれば、相手も同じなのではないか?

 

私は改めて
相手の氣持ちに寄り添ってみました。

 

なぜ、携帯を解約したのか。
なぜ、名前も住所も嘘をついたのか。
自分と相手とを照らし合わせました。

 

本当は、そうしたかったのではない。
自分でも、どうしたらいいか分からなくなった。
決して、自分が本当にしたい行動ではなく、
錯乱状態にあったのではないか。

 

本当は、
感情を乱したかったわけでも
私を傷つけたかったわけでもない。

 

 

それなのに、相手のことを分かってあげられず、
自分本位になっていたことに
氣付けたとき、
本当の意味で相手のことを理解できたのです。

 

 

そして、
本当の意味で相手に対して
感謝をすることができたのです。

 

自分理解を深めることにより、
相手のことを理解することが出来たと言えます。

 

結局は全て、自分なのです。

 

自分に出来ないことは、
人にも出来ないものです。

 

もし、相手の認められないことがあるとしたら、
それは自分の中に
何か認めることができない部分があるかもしれません。

 

もし、自分自身の認められない部分があるなら
なぜ、そのことを認められないのか
感じてみてください。

 

そしてそんな時は、こんな風に思ってみて下さい。

「今、このことを認められない自分がいるんだよね。」

と、そのことを
まずは認めてあげてみて下さい。

それは、次のステージへ向かうステップです。

そうすることで、
氣付いていないことが見えてきます。
そして、現実が変わり始めます。

 

私の中にも、
まだ認めていない過去が存在することでしょう。

そのことを認めることを含めて
本当の認めることではないでしょうか。

 

認める現実が増えれば増えるほど、
陰陽が調和されて
未来は確実に変化していきます。

陰があれば、陽をみる。
陽があれば、陰をみる。
陰極まれば、陽になる。

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます(*^^)v

 

愛と感謝を込めて*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・

 

関連記事

PAGE TOP